FC2ブログ

フィラリアの検査


フィラリアの予防時期がもう直ぐで始まります
飲み始める前に血液検査にてフィラリア感染の有無を調べる必要が有ります
当院では2種類の検査を行っております
以下の説明は当院HPから説明文です http://inada-vet.com/sick-2.html

まずはワンちゃんから微量採血させていただき検査を行います

  ◎ミクロフィラリアの検出

  採血した血液を直接顕微鏡で観察し、ミクロフィラリア(上のビデオ参照)を見つけます。このミクロフィラリアの出現には周期性(日中は体表の血管には出てこなく、夜間に移動する)があるためミクロフィラリア陰性でも感染を否定はできません。

  ◎抗原検査法
 
  フィラリアのメスが出す分泌物を抗原とし、それを検出する検査。さまざまな検査キットが出ています。血液を滴下し、数分後に検査を判定します

結果判定

陽性:フィラリア感染(厳密にはメスの感染がある)
    フィラリアが死亡していても、血中の抗原は16週は残存
    また手術により完全に除去されても抗原は残ります

陰性:フィラリア症に感染していない
    未成熟なフィラリアのみ感染⇒検査で検出する抗原を作れない
    オスのみの感染
    寄生数が少なく(1~3匹以下の感染)⇒検出限界
 
 上記のようにフィラリア症に感染していても検査結果が陰性と出てしまうオカルト感染がフィラリア症に見られるため注意が必要です
 
 検査が陽性になるのに感染からかかる時間

   ◎抗原検査陽性・・・・・・・・・・約5か月
   ◎ミクロフィラリア検出・・・・・・約6.5か月 

         参考文献:AHS(American Heartworm Society)ガイドライン2002年度版
              infovet 2004 jan vol.7 no.1 犬糸状虫症に関する最新知見

写真は抗原検査の結果です
Cの青い線はちゃんと検査ができたどうか判断するラインです
Tの赤い線が出たらフィラリアに感染しているという結果です



右の子はフィラリアに感染しているという検査結果です
香川県はフィラリア陽性犬が非常に多く、未だにこの病気で苦しんでいる子が多いのも事実です

飲めばちゃんと予防できる病気です
しっかり予防してあげてください
プロフィール

みんなのどうぶつ病院

Author:みんなのどうぶつ病院
香川県坂出市にあるどうぶつ病院です。2016年1月1日より先代より稲田どうぶつを引き継ぎました。病院に関わる獣医師、どうぶつ看護などスタッフや、飼い主様、どうぶつ達そして地域の方々すべてのみんなが笑顔になれるようなどうぶつ病院を目指しております。
 当ブログを通じて多くの情報提供していけたらと考えております。休診のお知らせなど来院させる前に診察状況をご確認の上ご来院ください。

どうぶつ達に優しい医療を目指し、どうぶつ達とそのご家族方の苦痛と不安を取り除くことを理念にしております。みんなが笑顔になれる病院を目指しておりますので、何かお困りの事や疑問点、そして治療の内容やお薬の事など何かわからない事がりましたら是非病院にて声をかけてくださいね!

最新記事
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ
カテゴリ