FC2ブログ

マイクロチップ(ライフチップ)を勧めております!




01.jpg


今日はマイクロチップの装着を2頭行いました

あまり聞き覚えのない言葉ですがわんちゃんやねこちゃんなのど身元を証明するためのアイテムです

環境省が作成したパンフレットです

環境省のホームページより引用
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/pickup/chip.html
マイクロチップを入れていますか?


0011.jpg



02.jpg



022.jpg


実際に使う機材です

左側が「リーダー」といってマイクロチップを検出する機械です
わんちゃんやねこちゃんでは首の後ろが一般的なので首の後ろを中心にスキャンしてマイクロチップを検出します

余談ですが以前勤めていた都内の動物病院ではマイクロチップを推進しており「特定危険動物」の法整備がされた時には爬虫類や両生類のライフチップを入れておりました。カミツキガメやニシキヘビやたくさんの危険なペットたちに入れた思い出が・・・・。






動物病院でマイクロチップを入れた後に飼い主の方がAIPOと言う団体に登録申請をして初めてライフチップの意味をなします。
当院では香川県ではまだ馴染みのないマイクロチップの普及を図るためにこれから啓蒙活動に力を入れていこうと思います。



注射針が比較的太いので少し痛みを感じます
避妊・去勢手術の時にやってあげたら痛みを気にすることがなくていいのかもしれません

<マイクロチップのメリット>
個体識別を確実に行える

<マイクロチップのデメリット>
MRI(核磁気共鳴画像法)の検査に影響がある

日本獣医師会ホームページからの引用です
http://nichiju.lin.gr.jp/aigo/index02.html

マイクロチップを埋込んでいても、レントゲン撮影(マイクロチップが写りますが)やCTスキャン操作は支障なく行えます。MRIの画像は乱れることがあり、一般の動物病院等にある磁束密度が0.5T(テスラ)のMRIでは影響はほとんどありませんが、1.5T以上になるとマイクロチップに内蔵されているフェライトコアの影響で画像の歪みが認められます。しかし、磁界によってマイクロチップから発生する力はごく僅かであり、動物の体内における影響は認められません。また、メモリの消去、変更等もなく、MRI使用後のマイクロチップ番号の読み取りに支障はありません。


以上を考えてもマイクロチップを装着して個体識別を完璧にした方がいいと当院では考えております

費用や方法などの詳しいことは当院スタッフまで是非!



プロフィール

みんなのどうぶつ病院

Author:みんなのどうぶつ病院
香川県坂出市にあるどうぶつ病院です。2016年1月1日より先代より稲田どうぶつを引き継ぎました。病院に関わる獣医師、どうぶつ看護などスタッフや、飼い主様、どうぶつ達そして地域の方々すべてのみんなが笑顔になれるようなどうぶつ病院を目指しております。
 当ブログを通じて多くの情報提供していけたらと考えております。休診のお知らせなど来院させる前に診察状況をご確認の上ご来院ください。

どうぶつ達に優しい医療を目指し、どうぶつ達とそのご家族方の苦痛と不安を取り除くことを理念にしております。みんなが笑顔になれる病院を目指しておりますので、何かお困りの事や疑問点、そして治療の内容やお薬の事など何かわからない事がりましたら是非病院にて声をかけてくださいね!

最新記事
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ
カテゴリ