FC2ブログ

去勢・避妊手術をお勧めしております!

今日のお昼に肛門周囲にできて腫瘤(しこり)の摘出手術を行いました

中高齢犬の未去勢のこで多く見られる肛門周囲腺腫の可能性がありました

肛門周囲腺腫とは??

【説明】
雄の老犬の肛門周囲に発生する腫瘍で良性のものが多い.ただし場所が肛門の周囲なので大きくなったものは切除が難しい.

【症状】
肛門周囲を気にする,出血する,化膿する,ふくらんできたなどが症状.また尾や背部,ペニス周囲にも肛門周囲腺は分布しているので,そのような場所で結節ができることもある.

【治療】
まずもって去勢がすすめられる.これは精巣のホルモンに支配されている腫瘍であるため,去勢が効果的である.肛門周囲については手術が可能な場合には切除も行われる.まれに転移する悪性の癌もあるので,切除後の病理診断も大切.

JBVP 日本臨床獣医学フォーラムホームページより引用
http://www.jbvp.org/petlovers/dog.html

治療のところにも書いてありますが肛門周囲腺腫ならば精巣から出るホルモンの影響でできることが多く去勢をするだけで縮小することもあります。去勢をしていたらこんなに大きくなることもなかったと思います


多くの理由から去勢・避妊手術を勧めております



<避妊・去勢手術>
避妊・去勢手術の必要性について様々な考え方がありますが、当院では 下記の理由により手術を進めております

1、望まれない妊娠を予防する
2、性ホルモン関連の生殖器および関連疾患の予防
3、性ホルモン関連の問題行動を抑制する
4、精神的な安定をはかり最良の伴侶関係を築く


<1、望まれない妊娠を予防する>

年間でワンちゃんが約8万4千頭、ネコちゃんが約20万頭もの数が保健所に収容され、処分されるといわれています。動物愛護の観点からも、捨てられて野良犬化、野良猫化する子たちを防ぐことができます望まれない妊娠を防ぐためにも避妊・去勢手術をお勧めします。

<2、性ホルモン関連の生殖器および関連疾患の予防>

◎避妊手術によル犬の乳腺腫瘍予防効果(手術を行う時期)

 初回発情前・・・・・・・99.5%
 1回発情後・・・・・・・・92%
 2回発情後・・・・・・・・74%
 2.5歳以降………乳腺腫瘍に対する阻止効果なし

◎避妊手術による猫の乳腺腫瘍予防効果(手術を行う時期)

 6か月まで・・・・・・・・91%
 7-12か月・・・・・・・・・86%
 13-24か月・・・・・・・・11%
 24か月以上・・・・・・0%

◎去勢手術による疾患の予防
 
加齢に伴う精巣腫瘍、前立腺肥大の予防となります
(精巣腫瘍は雄の腫瘍虫15%占めるといわれています)
陰睾(精巣が陰嚢内にない状態)の犬では腫瘍発生の危険性が13倍になるといわれています

上記の理由によりどうぶつ達の長寿、QOL(生活の質)の向上に貢献するため避妊・去勢手術が医学的にも重要視されています

<3、性ホルモン関連性の問題行動抑制>
 
発情時期になると雄では、精巣から出るホルモンの影響で食欲不振、落ち着きのなさ、マウンティング、攻撃性の増加、スプレー行為(尿をまき散らす)などが見られます。メスでは発情周期に伴う出血、偽妊娠による乳汁分泌、巣作り行為など多くの行動がみられます。これらの行為は早期の避妊・去勢手術で防止可能ですが、行動には学習も関係するので遅れると防止が困難になります。

<4、精神的な安定をはかり最良の伴侶関係を築く>
 
繁殖が不可能な条件下で、しかも異性の動物が近くにいる環境で見避妊・未去勢のどうぶつ達を飼育することはとってもフラストレーションがたまります。多大なストレスにもつながり精神衛生上にもよくありません。どうぶつ達に避妊・去勢手術を行うことにより、精神的な安定が得られ、異性に対する興味を失い、飼っている方との関係をより強固にし、最良の伴侶関係を築くといわれています。

まずはご家族でよく相談していただき、いつでもご来院ください

さて、最近朝にランニングの練習するようにしております
夜は仕事でやることがあったり、プールで泳いだり、家族との時間をとったりでなかなか走る時間の確保が難しくなりました


今日は高松の栗林トンネルの百舌坂(もずざか)で毎週水曜日の早朝から行われている練習会に参加してきました。
いい汗かいてからの仕事はとっても気合が入る感じがします!



<診察時間変更のお知らせ>

<その1>
12月10日(土)の診察終了時刻を18時(最終受付時刻17時30分)とさせていただきます。大変ご迷惑をおかけいたしますがどうぞご了承ください

<その2>
12月21日は佐藤先生が学会参加のためみどり先生の午前診療となります。午後は病院は開いておりますが常用薬と処方食のみの販売となり診察は行いません。大変ご迷惑をおかけいたしますがどうぞご了承ください
プロフィール

みんなのどうぶつ病院

Author:みんなのどうぶつ病院
香川県坂出市にあるどうぶつ病院です。2016年1月1日より先代より稲田どうぶつを引き継ぎました。病院に関わる獣医師、どうぶつ看護などスタッフや、飼い主様、どうぶつ達そして地域の方々すべてのみんなが笑顔になれるようなどうぶつ病院を目指しております。
 当ブログを通じて多くの情報提供していけたらと考えております。休診のお知らせなど来院させる前に診察状況をご確認の上ご来院ください。

どうぶつ達に優しい医療を目指し、どうぶつ達とそのご家族方の苦痛と不安を取り除くことを理念にしております。みんなが笑顔になれる病院を目指しておりますので、何かお困りの事や疑問点、そして治療の内容やお薬の事など何かわからない事がりましたら是非病院にて声をかけてくださいね!

最新記事
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ
カテゴリ