FC2ブログ

備えあれば憂いなし! 1日遅れましたが昨日は防災の日でした

9月1日は防災の日です
大正12年9月1日に関東地方を襲った関東大震災にちたんだものと、この時期には台風がやってきて甚大な被害を起こすと言われている二百十日(立春から数えて210日あたりで、このころは台風が被害をもたらす時期でもあるし、稲の開花期にもあたり、強い風が吹くと花粉が散り、実りが悪くなることから、二百十日を一つの目安として警戒をうながしていたようです)にもあたるために「災害への備えを怠らないように」との戒めも込められているらしいです。

我が病院スタッフ用の非常食
災害が起き帰宅困難になった際の準備です。
あとはミネラルウォーターもストックしてあります



当院の2月17日のブログからの抜粋です

わんちゃんや猫ちゃんがいる方はフードなどの準備も必要ですね

1月に香川県が「ペット受け入れのための避難所等運営ガイドライン」を作成しました。

ただこれが正しく機能するかは不明な点も多く、自分である程度の準備が必要だと思います。

http://www.ksamtys.net/bousai/pethinan.html

現時点では三豊市と直島町がペットを連れて行くことができる避難所を選定しております。
受け入れ可能な避難所数は、三豊市が屋外を原則に全73箇所、直島町が一箇所となっているそうです。



環境省自然環境局のホームページである
動物の愛護と適切な管理 http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/index.html
にもさまざまな有用な情報が記されております

いつもいっしょにいたいから〜ペット動物の災害対策〜
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h2309a/full.pdf
こちらがを参考にするといいと思います。

印刷して数部病院にありますので欲しい方は声をかけてください。


日頃から大きな災害に対して準備をしておきましょう

普段から準備をしておかないといざという時には大変困ると思います
特に避難しなければならない状況で急に準備をすることはまず無理です
避難所生活を送らなければならない状況になったらどうぶつ達と同じ空間で生活することは不可能となるのでケージやキャリーバックの準備も必要です。(貸し出し用のバリケンなどあったはずなんですが何故か捨てられてしまって・・・・(涙))

平時に準備よろしくおねがいします!
プロフィール

みんなのどうぶつ病院

Author:みんなのどうぶつ病院
香川県坂出市にあるどうぶつ病院です。2016年1月1日より先代より稲田どうぶつを引き継ぎました。病院に関わる獣医師、どうぶつ看護などスタッフや、飼い主様、どうぶつ達そして地域の方々すべてのみんなが笑顔になれるようなどうぶつ病院を目指しております。
 当ブログを通じて多くの情報提供していけたらと考えております。休診のお知らせなど来院させる前に診察状況をご確認の上ご来院ください。

どうぶつ達に優しい医療を目指し、どうぶつ達とそのご家族方の苦痛と不安を取り除くことを理念にしております。みんなが笑顔になれる病院を目指しておりますので、何かお困りの事や疑問点、そして治療の内容やお薬の事など何かわからない事がりましたら是非病院にて声をかけてくださいね!

最新記事
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ
カテゴリ