FC2ブログ

9月になりました 今日も引き続きのみの寄生についてのお話です

9月になりました
新学期になり朝から元気に子供たちも登校していきました
でも昼前からゲリラ的な豪雨がありちょっとびっくり!
一年ももう2/3が終わったんですよね〜早いものです。

さて今日もノミについての話です

皮膚を痒がるわんちゃんがお見えになりました
尾の付け根あたりが赤くなり見た目かゆみが強いように思えました
じーっと見ていると動く物体が・・・・。



解説するとこんな感じです

ノミ症状

<ノミの一生>

nomi02_img01.jpg

ノミの大きな特徴として、卵から幼虫、さなぎ、成虫という4段階の発育を経て、姿を変えながら成長することが挙げられます。この発育段階によって効く薬や効かない薬があること、さらには犬・猫の体表にいる成虫だけを取り除いてもすぐに卵から発育・繁殖することが、ノミを簡単に駆除できない理由となっています。
ノミは、通常1.0日~6日間で卵からふ化して幼虫になり、2度の脱皮をした後、さなぎから成虫になります。ノミの成虫は、光や熱、二酸化炭素に反応して動物の体表に寄生します。寄生すると8分以内に吸血を開始し、36時間~48時間以内に産卵(1日平均30個)します。その後も体表上にとどまり、吸血と産卵をくり返して、通常1~2カ月で一生を終えます。ノミの成虫が犬・猫の体表で過ごすのは、生涯で見るとほんの一瞬にすぎません。多くは犬・猫の周囲(飼育環境)で過ごしているのです。

<のみの驚くべき繁殖力>

nomi03_img01.jpg

ノミは好適な環境がととのえば、驚異的な繁殖力をみせます。あるデータによると、産卵直前のメスノミがわずか10匹いれば、卵がふ化して幼虫からさなぎへ 成長し、30日後にはノミ成虫が約2,000匹に増殖。同時に、90,000個以上の卵と10数万匹の幼虫を生み出すといわれています。温暖な室内環境はノミにとってパラダイス。成虫が愛犬・愛猫に寄生しているのが見つかったときには、すでに室内に大量発生している・・・ということがあり、環境対策や薬剤投与を含めた総合的なノミ対策が重要です。

引用 Life with Pet (バイエル製薬株式会社HP)より
http://www.bayer-pet.jp/pet/

お家の中に持ち込んだら大変なことになりますのでお外に出るならしっかり予防が必要です。
垂らすタイプのスポットオン製剤と食べるタイプのチュアブルタイプ
お薬の効果が1ヶ月持続するものと、3ヶ月持続するものがあります
詳しいことは病院スタッフまでお願いします
プロフィール

みんなのどうぶつ病院

Author:みんなのどうぶつ病院
香川県坂出市にあるどうぶつ病院です。2016年1月1日より先代より稲田どうぶつを引き継ぎました。病院に関わる獣医師、どうぶつ看護などスタッフや、飼い主様、どうぶつ達そして地域の方々すべてのみんなが笑顔になれるようなどうぶつ病院を目指しております。
 当ブログを通じて多くの情報提供していけたらと考えております。休診のお知らせなど来院させる前に診察状況をご確認の上ご来院ください。

どうぶつ達に優しい医療を目指し、どうぶつ達とそのご家族方の苦痛と不安を取り除くことを理念にしております。みんなが笑顔になれる病院を目指しておりますので、何かお困りの事や疑問点、そして治療の内容やお薬の事など何かわからない事がりましたら是非病院にて声をかけてくださいね!

最新記事
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ
カテゴリ