【時間外診療について】 当院でも行っていますが獣医師会(小動物部会)でも交代制で対応しております


夜間や休日にお家のわんちゃんやねこちゃんが調子が悪くなることがあったらとても心配ですよね??

当院でも時間外対応を行っております

まずは当院ホームページをごらんください
http://minna-no-ah.com/contents3.html

時間外

ただ都合によりすぐに対応できない時もございます
その場合には香川県獣医師会ホームページに記載されている夜間対応についてをご覧ください

香川県獣医師会ホームページ
http://www.kagawaken-vet.jp/dutydoc2.html

獣医師会時間外


いろんな都合で診察時間内に診察に来れないこともあります
急な体調変化を対応するのが夜間診療となっているところをご理解お願いします
診察体制とする一人で診察することも多いのが夜間診療なので一時的な応急手当しかできないこともございます。
早めの診察、しっかり予防して日頃から体調管理をしっかりしましょう!

暑さに対してそろそろ注意を払いましょう!熱中症に気をつけて!


雨降りが続いております
特に九州地方では豪雨により大きな被害が出ておりこれ以上の被害拡大が起きないことを願うばかりです。
しかし関東地方は雨不足で1994年以来の渇水とのことですがその頃大学生でしたがあまり覚えておりません・・・。

さてアニコムさんという保険会社さんが「STOP熱中症プロジェクト」をやっており毎年僕も情報を色々もらっております

今年も「犬の熱中症週間予報が発表されました

week_160624.png

検索サイトで STOP熱中症 もしくは アニコム 熱中症 と検索してみてください

http://www.anicom.co.jp/stopheatstroke/

もう少しで暑さ本番の夏が来ます!
知識と準備をしっかりして楽しい夏になりますように!


季節を先取りですが! 暑い夏がもうすぐそこまでやってきております! 暑さに対する対策もそろそろ必要です


雨ばかりの梅雨時期ですが来月にはもう暑い夏がやってくる(はず)!

病院のスタッフで熱中症対策のポスターを作りました!
外から入って左側に掲示してありますので来院された際にはご覧ください












暑さに対して体が慣れるまでが非常に危険です
暑い時にはあまり無理しないこととお留守番の時の温度管理をしっかりしてあげましょう!

お口のケアやっていますか?? ガムや硬いものをかませても歯周病は防げません!



歯の病気を防ぎましょう
〜麻酔下での歯科処置例〜

歯周病とは? 歯垢中の細菌により歯肉のみでなく歯周組織(セメント質・歯根膜・歯槽骨)にまで炎症が引き起こされる感染症。3歳以上の犬猫の80%見られると言われております

   
唾液1lm中には1億個の細菌がいると言われておりますが、歯垢1g中には1000億の細菌存在
赤い矢印の隙間にある歯垢を顕微鏡で見たのが下の図。無数の細菌が観察できます。細菌の繁殖により口臭が発生します。歯垢をブラッシングで除去後の写真が緑の矢印です。少し隙間ができます。
歯周ポケット内で歯周病を起こす細菌は嫌気性菌と言って酸素を嫌がる細菌です。

PRE1

歯を磨くと歯垢が除去されるので歯石と歯肉の間に隙間ができます(緑の矢印)
この子はかなり歯石が付いておりまずは麻酔下での歯石除去が必要です

POST2

除去した歯垢を顕微鏡で見てみると・・・・。

歯垢

無数の細菌が観察できます。これらが歯周病を起こす嫌気性菌と言われておりブラッシングにより物理的に除去する必要があります



<歯周病の進行>
歯垢・歯石が蓄積し歯と歯肉の間の歯肉溝に炎症が起こる→→→歯肉炎
さらに歯肉溝で細菌増殖し歯肉以外の歯周組織への炎症の波及→歯周病

歯垢は毎日はに付着します。わんちゃんの唾液中のカルシウムやリンを取り込んで歯石になります。わんちゃんの唾液はアルカリ性で歯垢が歯石になるスピードが早く、人の約5倍のスピードで歯垢が石灰化し、3〜5日ほどで歯石が作られると言われております。一度歯石になってしまいますとブラッシングだけでは除去できず、麻酔下での処置が必要となります。


<歯周病の悪化>
口鼻瘻管、眼窩膿瘍、下顎病的骨折などを起こす。全身にも歯周病菌が血流に乗り運ばれ心臓病、肝臓病、腎臓病などを引き起こすと言われております。

<麻酔下での歯石除去について>
思考と歯石の除去は必ず麻酔下で行います。一番重要なのは歯と歯の隙間や歯肉溝の中までしっかりと行う必要があります。見える歯石よりもこの歯周ポケット内にある細菌、歯垢、歯石をしっかりケアするのが歯周病治療です。あくまでも歯周病は歯ではなく歯の周りが壊れる病気なのです。
歯科予防処置とは?
歯肉炎や中程度の歯周炎を起こしている歯や歯周組織に対して、歯石・歯垢を除去して炎症を抑え、歯周組織を維持回復し歯の喪失を防ぐためのケアです
歯垢が石灰化した歯石は生きた細菌を含みませんが、歯の表面が凸凹のためより歯垢が付着しやすい環境になります。歯周病の進行を防ぐためにもスケーリングと言って歯の表面に付着している歯石を除去し、ルートプレーニングと言って歯肉縁下の歯石や刺激物を取り除き根面を滑沢する必要があります。
<ケア前>               

スケーリング前



<ケア後>

スケーリング後

  

こうやって綺麗になったらゴールではなくブラッシングにより維持をしていきます

歯周病を食い止めるためには?→→→ブラッシングが必要です
ブラッシングをする理由は3つあります
1、歯周ポケット内の歯垢・細菌を物理的に除去する
2、歯周ポケットに酸素を入れる→歯周病金である嫌気性菌は酸素がある環境を嫌います
3、歯周ポケットに薬を届ける→歯磨きペースト中の成分によって細菌をやっつけるため

ますはブラッシングをしましょう!
なかなかいきなり歯ブラシをつかて歯磨きは難しいかもしれません。口を触るところからスタートして徐々に慣れたらガーゼで拭き、歯ブラシを口に入れる練習を経てからブラッシングと根気のいるケアが必要な場合が多いです。まずは一緒に歯のケアを始めてみませんか?

虹を見ました

今日はすごくきれいな夕焼け空
おまけに虹まで

久しぶりに虹を見た気がします

今日もまた


雨降りが続いております
ご来院される際には天気と道路状況に気を付けてご来院ください

今日もまたフィラリア陽性の子が見つかりました
ここ2年は全く予防をしていなかったそうです
二本の線が出ると陽性と判断します
血液の中にはミクロフィラリアと言ってフィラリアの赤ちゃんもたくさんいました



しっかり予防して守ってあげましょう小さな命を

ヤギさんが来たんです!

普段あまり触ることのないヤギさんがお見えになりました!



まだまだ小さい子なんですがとても綺麗に手入れされている子なので匂いが全くなし!
普通ヤギさんは匂いが強くて飼育は大変なんですがシャンプー綺麗にしてあげて汚れも匂いも全くなし!

こんなに綺麗にしたら飼いやすいんだーって思いました

大学出てから17年経ちますが始めの6年間は北海道で牛や馬、豚を診察する獣医師として働いていました

2

まだ20代の時の写真ですが100kg近い体重がありかなり太っていました(笑)

図1


牛が好きで大動物獣医師を目指した20代の僕でした〜


さて今日は木曜日なので午後からお休みです

いよいよ!

我が家に!

新しい家族が!





ちょっとみんなで頑張っています!


フィラリア予防のピークも過ぎ少し仕事が落ち着いてきた今日この頃
それに梅雨時期なので雨が降ると病院は暇になることがあります

なので雨の日は比較的待ち時間が少なくて済むことが多いのでオススメです!

時間ができたので今日は去勢手術の後に全体ミーティング
いろんな意見が出て有意義な時間を過ごせました

最近の取り組みとして病院の掲示物についてです
今まで殺風景でしたのでスタッフみんなで担当を決めて少しずついろんな取り組みをやっています

猫ちゃんの待合を作りました
わんちゃん達に驚いてしまう猫ちゃんも多いのでパーティションで分けてみました
それでも落ち着かない子にはブランケットをお貸ししますし、猫ちゃんが落ち着くと言われているホルモンスプレーもお試ししてください



猫ちゃんにもフィラリア感染が最近増えております
それを啓蒙するためにポスターを作っています



わんちゃん待合側には歯のケアについてです



わんちゃんの8割以上は歯周病を抱えていると言われております
様々なオーラルケアグッツを取り揃えております
来院されたら実際に手にとってみてくださいね

こちらは実際に歯周病と戦っているこの体験談です
当院のスタッフのダックスさんのことを書いてあります
こうならないように毎日歯を磨くことが必要なのであえて掲示させていただいております



歯周病菌が様々なお口以外の病気を起こすと言われております
しっかり歯磨き!
頑張りましょう

明日は木曜日なので午後休診となります

ついに我が家に新しい家族がやってくる日です!
詳細はまた明日ご報告します

おうちの子の肥満でお悩みの方へ! フードメーカーのダイエット企画があります


梅雨時期の鬱陶しい天気が続きます
雨が降るとなかなか自転車に乗れずストレスが溜まっちゃいます
昨日は午後からやんでくれたので五色台周辺を90kmほど走ってきました〜

さて肥満で悩むのは人間も動物も一緒です
僕も人生で最重量時代には100kgを超えていました
今日お風呂上りに体重測定したら79kg
今月からダイエットを始め82kgからようやく3kgの減量に成功!
来月末の自転車のヒルクライム大会までにはまだまだ減量が必要です(涙)

さてわんちゃんやねこちゃんの肥満に悩んでいる方に朗報です!

ロイヤルカナン

減量用フードを食べて減量にチャレンジするともれなく使用したフードがもらえるというキャンペーンです!
もう参加している子もいますので是非チャレンジしてみませんか??


フードの変更と適正量ののみの給餌で減量に成功したケースです

コーギーのG子ちゃん
おばあちゃんと二人暮らしをしており近所のお茶のみ友達たちのアイドル的存在
毎日人の食べるお茶菓子のお土産を食べ続けた結果こんな体型に(涙)

ジャイ子

子宮蓄膿症という病気にかかり命を落としかけたことをきっかけに満腹感サポートスペシャルのみのフードに変更

お水とフードだけという食事管理に切り替え3ヶ月間で約5kg減量に成功!

ジャイ子2

今まで歩くのもやっとだった子が走り回ったり段差を軽やかにジャンプできるようになりおばあちゃんも大満足!

目標体重は14.7kgを年内の最終目的として一年かけての減量に取り組んでおります


フードの試供品もありますのでご興味のある方は是非!

減量に真剣に取り組み未然に病気を防ぐ努力を一緒に頑張りましょう




フィラリア予防をしっかりしなきゃ!

今日お見えになったわんちゃんのフィラリア検査結果です
赤い線が二本出るとフィラリアに感染しております
昨年と一昨年予防ができておらず・・・・・。
感染してしまいました
お家の中で飼われているわんちゃんですがこのように陽性になることもあります
どんな子でもしっかりフィラリア予防をしなければ感染する可能性が高いです

今日お花をいただきました!
綺麗な胡蝶蘭で大切にしたいと思います
本当に有難うございました
プロフィール

みんなのどうぶつ病院

Author:みんなのどうぶつ病院
香川県坂出市にあるどうぶつ病院です。2016年1月1日より先代より稲田どうぶつを引き継ぎました。病院に関わる獣医師、どうぶつ看護などスタッフや、飼い主様、どうぶつ達そして地域の方々すべてのみんなが笑顔になれるようなどうぶつ病院を目指しております。
 当ブログを通じて多くの情報提供していけたらと考えております。休診のお知らせなど来院させる前に診察状況をご確認の上ご来院ください。

どうぶつ達に優しい医療を目指し、どうぶつ達とそのご家族方の苦痛と不安を取り除くことを理念にしております。みんなが笑顔になれる病院を目指しておりますので、何かお困りの事や疑問点、そして治療の内容やお薬の事など何かわからない事がりましたら是非病院にて声をかけてくださいね!

最新記事
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ
カテゴリ